令和4年10月3日 『おしゃべり折り紙サロン』活動開始!

源左衛門新田で『おしゃべり折り紙サロン』が新規活動開始しました!

コロナ禍で人との繋がりが薄くなってしまっている今日。
交流の場を作りたいという思いで、地域の方がサロン立ち上げに動いてくださいました。
地域包括支援センターでもサポートさせていただき、念願のサロンを立ち上げることが出来ました!

初回活動には12名の方に来ていただき、折り紙でコマを作り、誰が一番長く回せるかを競いました。
講師の先生の進め方もとても面白く、名前の通りみんなの”おしゃべり”の声で賑やかな活動になりました 😀 


👈
コマ回し優勝者に
 先生からプレゼント!🎁

 

令和4年8月25日 『第2層協議体』のキャッチフレーズ決定!

神根東地域包括支援センターの『第2層協議体』のキャッチフレーズが決定しました!

『第2層協議体』とは
高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けることが出来るように、皆で支え合う地域づくりを目指して、住民の方たち主体で話し合いを定期的に行っています。この話し合いの場が第2層協議体です。

自分たちの地域を良くするために話し合いをしているこの取り組みを地域の方たちにも知っていただきたく、第2層協議体のキャッチフレーズを考え、地域に発信していくことにしました!

”あなたのよりどころ神根東 連絡会”

神根東地域が住民のみんなの”よりどころ”として、高齢になっても住み心地の良い地域になるよう、これからも話し合いを続けていきます。

令和4年7月27日『地域の方向け認知症サポーター養成講座』を開催しました!

地域の方に向けて
認知症サポーター養成講座を開催しました!

『認知症を正しく理解する』ことを目的に
分かりやすく事例を交えてお話しました!
小学校の校長先生、郵便局の職員、両親を介護されている方、
30歳代から80歳代と様々な方が参加してくださいました 😀 
『認知症の方にどう接したら良いかわからない、不安』との声が多くありました。認知症を正しく理解することで、不安が減ると思います。

参加して下さった皆様。
これで認知症サポーターの一員です!

令和4年5月17日『神根中学校 総合学習 地域について』講義を行いました!

川口市立神根中学校(2年生)
総合学習の授業で『地域について』講義を
行いました!

総合学習で地域の『バリアフリー・ユニバーサルデザイン』『環境問題』『社会福祉』『ボランティア』のテーマを各班で調べていました。

これらのテーマが自分たちの地域に当てはめるとどうか?

まずは自分たちの住んでいる地域の特性や課題などについて知ってもらうために、地域包括支援センターでお話をさせていただきました。

食後に眠くなる時間💤でしたが、生徒の皆さん真剣に話を聞いてくれていました❕

質問もたくさんしてくれました 😀 

地域支援事業『蕎麦打ち体験と介護保険の話』を開催しました!

令和4年1月16日・2月20日・3月20日の3日間
地域支援事業『蕎麦打ち体験と介護保険の話』を
開催しました!

蕎麦打ち体験をした後に参加した方と地域包括支援センターの職員で交流を図りました。
介護保険や認知症などについて質問を受け、地域包括支援センターの職員がお話させていただきました。
地域包括支援センターを知っていただき、何か困ったことがあった際には気軽に相談していただければと思い、開催しました!

自分で打ったそばの味は格別のようでした。
見た目は・・・ 😯 

令和4年2月2日『中学生向け認知症サポーター養成講座』を開催しました!

川口市立神根中学校(1年生)で
認知症サポーター養成講座を開催しました!

川口市内の学校ではオンライン授業の一環としてteamsを導入しているので、今回はteamsを使ってリモートで講座を開催しました!
色々とトラブルもありましたが、先生方のご協力で進めることができました。感謝です 😉 

講義終了後の質問では、生徒の皆さんが積極的に質問してくれました 。
『周辺症状ってどんな症状ですか?』
『認知症は僕たちみたいな子供もなるんですか?』と真剣な表情での質問があったと思ったら
『お父さんが約束を守ってくれないのは認知症ですか?』
との質問にみんなの表情が明るくなりました 😀 

令和3年12月11日『認知症勉強会』を開催しました!

地域包括支援センター職員が地域の皆様に向けて、『介護保険について』、『認知症のことについて』お話させていただきました。
認知症の方への
・基本姿勢の『3つのない』
・具体的な対応『7つのポイント』
を話し始めると一斉に皆さんメモを取っていました!
👈認知症予防にもなるデュアルタスク運動(2重課題)では、皆さん『自分はまだ大丈夫!』と言い聞かせるかのように真剣に取り組んでおりました 😀